新着情報

新着のニュースやイベント情報をご紹介します。

新着情報

「アートイン湯宿2018秋」番外編 牛オブジェのお披露目について

みなかみ町の湯宿温泉街に新たなシンボルがお目見え!
アート作品を通じて地域交流

群馬県みなかみ町では、2002年から東京藝術大学の油画研究室の協力のもと、卒業制作を中心として作品の収蔵事業を行ってきました。2016年からは、寄贈者を主体とした活動に加え、在学中の学生及び卒業生によるアート作品を通じて地域創生のプロジェクトを開始しました。その一環として、湯宿温泉地区に東京藝術大学美術学部の教員・学生が定期的に滞在し、地域のリサーチを行ってきました。同学生が制作した作品を温泉街の商店や旅館、民家に展示するイベント「アートイン湯宿」が毎年開催されているほか、昨年12月に同大の卒業生が手掛けたオブジェが完成し、地域の新たなシンボルとしてお披露目されました。

完成したオブジェは、牛の形をしていて、高さは130センチ程度。このオブジェは、もともと町内の道の駅「水紀行館」に飾られていたものを引き取り、同大卒業生の芸術家・岡田杏里さんがリメーク。滞在する中でイメージを膨らませ、最も印象的だった「水」をモチーフに、湯宿温泉街のシンボルとなるように願いながら、新たに魂を吹き込んだ作品です。現在は、金田屋旅館の大広間を改装したアトリエ兼ギャラリーに展示されており、今後、イベントや他の施設でも展示し、湯宿温泉のシンボルとして浸透させていく予定です。

【日 時】 2019年12月18日(火)~2019年3月末予定
【場 所】 湯宿温泉 金田屋遺跡(ゆじゅく金田屋前)
      〒379-1409 群馬県利根郡みなかみ町湯宿温泉608番地
【内 容】 牛オブジェ展示
【入場料】 無料
【主 催】 東京藝術大学油画研究室、群馬県みなかみ町湯宿温泉

【問い合わせ先】
TEL.0278-25-5029(みなかみ町役場 総合戦略課まちづくり交流室)