ホタルの里みなかみ
ホタル発生状況 7月4日現在 古城澤21匹 澤入120匹(月夜野ホタルの里)
☆発生状況 飛んでいる

■English site HERE→

■月夜野ホタルの里

上毛高原駅から徒歩3分ほどの里山にあるホタル観賞地の遊歩道(約1.9km)を散策しながらのホタルの観賞ができます。 昭和58年「ホタルを守る会」が結成し、現在まで発生分布調査し、地元の小学生を対象にホタル教室を開催し、保護育成活動、啓蒙活動の取り組みを行い、現在では自然発生のホタルの数は北関東一となっています。6月下旬には「月夜野ホタル観賞の夕べ」というイベントも開催されます。平成元年に環境庁「ふるさといきものの里100選」に認定されています。

○観賞期間:6月中旬~7月中旬頃
○見られるホタルの種類(ゲンジボタル、ヘイケボタル、クロマドボタル)
 観賞期間には、コース要所にホタルを守る会のみなさまがご案内してます。
 ホタルを守る為、ホタル募金を行っております。ご協力をよろしくお願いします。

<行き方>
【JR】上越新幹線 上毛高原駅から徒歩3分
【お車】関越自動車道 月夜野IC から10分
ホタル観賞:月夜野遊歩道 一周約2km 40分~60分(コースによります)

<駐車場>
町有駐車場または上組公民館・上毛高原駅前(2時間)矢瀬公園が無料で駐車できます。
※観賞期間中は臨時駐車場あり

■たくみの里

三国街道の宿場町でさかえた須川宿近くの泰寧寺周辺では、7月上旬から下旬にかけて、ホタルが飛び交う里として親しまれています。
観賞期間の7月上旬には、泰寧寺境内において、楽器演奏会などを行うほたる鑑賞の夕べを催します。
ほたる観賞:泰寧寺周辺
〇観賞期間:6月中旬~7月中旬頃
〇見られるホタルの種類(ゲンジボタル・ヘイケボタル)

<行き方>
【JR】上越新幹線=東京~約1時間17分~上毛高原駅~(お車で約15分)~たくみの里
【お車】東京練馬IC~131.2km~月夜野IC~12km~たくみの里
(駐車場)20台

■明川(藤原)

みなかみの中でも最北にあたる藤原エリアは夏季までホタルを観賞することが出来ます。
明川は奥利根の桃源郷を目指し、2007年から千本以上の桜の木を植え、自然や人の心を豊かにしようと地元の人を中心に取り組んでいます。
毎年7月下旬から8月上旬にかけては、沢山のヘイケボタルが飛び交うホタルの里でもあります。
駐車場はございません。ホタル観賞には、ホタル観賞ツアーを開催している宿泊施設をご利用ください。
〇観賞期間:7月中旬~8月上旬頃
〇見られるホタルの種類(ヘイケボタル)

<行き方>
【JR】水上駅からバスで約30分
【JR】上越新幹線=東京~約1時間17分~上毛高原駅~(バスで約75分)
【お車】東京練馬IC~141km~みなかみIC~20km~明川(藤原)

■期間中、観賞地まで送迎を行う宿泊施設一覧を下記お知らせいたします
〇ホタル送迎対応宿泊施設一覧

■ホタル情報をもっと詳しく知りたい方は町のホームページをご覧ください
〇みなかみ町ホームページホタル情報

☆ホタル飛翔時間帯

■20:00~21:00

☆ホタル観賞の注意事項

■下記の点にお注意願います。
①ホタルは強い光に弱い生き物です。カメラのフラッシュ、懐中電灯のご利用はご遠慮ください。
②ホタルは希少な生き物なので、絶対捕えないでください。
③ホタル観賞場所は大変混みあいます。歩きタバコはご遠慮ください。
④環境保全の為、ごみのポイ捨てはおやめください。
⑤ホタルを鑑賞するときは、騒がず静かに観賞しましょう。

☆よくあるご質問

雨でもホタルは飛ぶのですか?
A.雨の場合は、沢などに隠れて光っていますが、いつもより少ないかもしれません。

8時から9時までしかホタルはとばないのですか?
A.ホタルは夜の8時から飛び始め、9時頃を過ぎると休んでしまい、極端に数が少なくなります。

どんな時が良くホタルが発生するのですか?
A.ホタルは気温が高く(20℃~25℃)蒸し暑く暗い夜によく飛び交います。